logo2.png

about Okemasa

南部桶正は、山の中の小さな桶屋です。

古くから私たちの生活を支えてきた桶。

受け継がれてきた伝統を守りつつ、

現代の生活に寄り添うように、

暮らしを潤す道具となるように、

一つ一つしっかりとつくり上げています。

22.png
logo4.png

岩手県北上山地の中央にゆったりとかまえる早池峰山。その麓にある小さな集落、タイマグラ。アイヌ語で「森の奥へと続く道」を意味します。その言葉の通り、森へと伸びる道の先で、南部桶正は桶屋を営んでいます。 暮らしの中から木製品が消えていき、桶もまた使われなくなってきました。しかし、木の持つぬくもりや潤いは、現代の暮らしにこそ求められているのではないでしょうか。木は切り倒されてからも「かたち」をかえて生き続けていくものです。私のつくった桶から、その生命力や安らぎを感じていただければ幸いです。

logo5.png